iphone6を水没させてしまった後の対処について

iphone6を水没させてしまった後の対処について

iphone6を水没させてしまった場合にさせてしまった場合にまず心掛けるべき事は、侵入してしまったと考えられる水分の範囲を広げない事と、通電による漏電を起こさない事です。

 

この2点を最重要項目として処置を施す事で、復旧出来る可能性は高まると言えます。

 

従って電源を入れて状況を確認する事は避けなければならない行為であり、電源が入った状態で水没させてしまった場合には直ぐに電源を切る必要があります。

 

また外部からの電気の供給も避けるべきですから、コネクタを使った他の端末との接続を避け、SIMカードも抜いて置く必要があります。

 

次に水分の範囲を広げないという意味では、本体を振って水分を飛ばす・ドライヤーで乾かすといった外的な衝撃に頼って乾燥させる方法も良くないと言えます。

 

基本的には蒸発による自然乾燥が、穏やかではあるものの水分を広げない方策となります。

 

その意味では、本体を乾燥剤で囲ったりするのは衝撃防止の目的も兼ねて有効となります。

 

そしてバックアップデータの取り出しや部品の交換については、最終的にはiphone6の修理業者を頼る事になります。

 

SIMカードを抜く・乾燥させるといった事はその前段階となりますが、前述のように避けるべき項目も多い事からいっそ放置して乾燥後、そのまま持ち込むというのも悪い選択肢では無いと言えます。

 

iphone6の修理はiPhone研究所まで

修理メニューはこちらをクリック!

地図 iphone研究所六本木店フリーダイヤル iphone研究所六本木店来店予約フォーム iphone系修理フォーム 申込書類ダウンロード 申込書類ダウンロード iphone水没修理 suica内蔵カスタム アクティベーションロック買取
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • rss