水没時に注意するべき2つのポイント

【重要】iPhone7/7Plusの修理をご検討のお客様へ

※現在アクティベーションロック品は在庫充足につき※
※買取をお断りしております※

水没時に注意するべき2つのポイント

iPhoneや防水機能のついていないスマートフォンを
水没させてしまった時、大事なのは水分を出来る限り取り除き、
そして乾燥させることです。

その時についやってしまいがちな、2つのNGポイントがあります。

①水没させてすぐに、動作するかどうかを確認するため電源を入れる
濡れた状態のまま電源を入れると、
iPhoneのような精密機械は故障してしまいます。
数日間、乾燥させる間は使用できなくなりますが、
故障してしまうよりは良いと考えましょう。

②水分を取るためと言って本体を振る
本体を振ることで、内部に残っている水分が移動して
状況が更に悪化してしまう可能性がありますので、
絶対に本体を振るようなことはしないでください。

水没時の応急処置は、
水分をしっかり取り除き、ビニール袋に乾燥剤と一緒に入れ、
ノートPCなどの少し温かくなるものの上に置いて
数日間放置して乾燥させる必要があります。

間違っても、ドライヤーなどで急激に温めてはいけません。
それを行ってしまうと、次は熱による故障を
引き起こしてしまうことになりますので、
気をつけるようにしてください。

iphone研究所六本木店フリーダイヤル iphone研究所六本木店来店予約フォーム iphone系修理フォーム 申込書類ダウンロード 申込書類ダウンロード iphone水没修理 suica内蔵カスタム アクティベーションロック買取
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • rss