水没しても振ってはいけないの?

【重要】iPhone7/7Plusの修理をご検討のお客様へ

※現在アクティベーションロック品は在庫充足につき※
※買取をお断りしております※

水没しても振ってはいけないの?

iPhoneを水没させてしまった時などには、
焦って水を出そうとして振ってしまうということはあります。

しかし、実はこれは逆効果になってしまうことがあるので、
振らずにとりあえず水分をふき取ることから始めましょう。

なぜ、振ってはいけないのかというと
振ることによって水分を出すどころか
水分が奥まで入っていってしまう可能性が高まってしまうからです。

良かれと思ったことが逆に事態の悪化を招いてしまうことがあるのです。

水没センサーが反応するのを防ぐという目的もあります。

振ることによって水分が水没センサーにかかってしまうと
メーカー保証によるサービスなどを受けることが
できなくなってしまい、有料での修理となってしまう場合があるのです。

そのため、センサーを反応させないためにも
振らずに水分をふきとることが最初にすべきこととなるのです。

また電源が入っていると
ショートの原因となってしまう可能性があるので、
水没させてしまった時には電源を落としておくことも
重要となります。

iphone研究所六本木店フリーダイヤル iphone研究所六本木店来店予約フォーム iphone系修理フォーム 申込書類ダウンロード 申込書類ダウンロード iphone水没修理 suica内蔵カスタム アクティベーションロック買取
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • rss