インカメラが故障?持ち込み前に出来る確認方法

【重要】iPhone7/7Plusの修理をご検討のお客様へ

インカメラが故障?持ち込み前に出来る確認方法

iPhoneのインカメラが、
シャッターが閉じたままになってしまい使えなくなってしまった!
といって修理に持ってこられる方は結構いらっしゃいます。

インカメラの故障の症状としては、
レンズにヒビが入ってしまったり、
落として物理的に壊れてしまったりと様々です。
色々と故障の原因がある中で、
シャッターが閉じてしまったままという症状の場合、
インカメラの交換で直る場合と直らない場合があります。

しかし、それ以前に交換しなくても直る場合があるんです!
もしそうなら、修理に持って来る前に分かった方が
無駄足にならなくて良いですよね。

ご自分でそれが、簡単に確認できる方法を
紹介しますので一度試してみて下さい。

一つ目は、設定をリセットすること。
設定画面からリセットをしてみてください。
ネットワーク設定やiPhone内部の記憶を
リセットして直ったという事例があります。

二つ目は、復元をすること。
復元をすると、システムリセットが出来ますので、
システムが原因で故障している場合には直ることもあります。

この2つを試してみても戻らない!という場合は、
パーツの交換が必要かもしれませんので、
ぜひ当店にご相談下さい。

iphone研究所六本木店フリーダイヤル iphone研究所六本木店来店予約フォーム iphone系修理フォーム 申込書類ダウンロード 申込書類ダウンロード iphone水没修理 suica内蔵カスタム アクティベーションロック買取
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • rss